訪問者数
累計:
今日:
昨日:

標準管理規約

管理規約は区分所有法では制定義務はありませんが、区分所有者間で規約の制定なしに適正な管理を行う事は不可能です。そこで標準的なマンション管理規約として制定されました。
住居専用単棟型、商業施設併用の複合型、団地型、それぞれの標準管理規約があります。
標準管理規約には、管理組合の業務、総会決議事項、管理費修繕積立金の区分経理、それぞれの使い道、区分所有者の納入義務。専有部分と共用部分の範囲、敷地及び共用部分の管理、義務違反者に対する措置、さらに細則、駐車場の使用や専有部分の修繕に関して等、細かに基本的な項目に分かれて定められています。主なもののほかは自身のマンションに合った規約に見直しし、自身のマンションの規約に定められていない事項で必要なものは区分所有者で検討し総会決議で追加し、常に利用して管理の適正化を諮って下さい。規約は理事となった時には必ず目を通して下さい。
また広報等で住民の皆様にも周知させる事は管理を適正に進める為には必要です。

マンション管理標準指針
  
これはマンション管理規約見直しの際に、マンション維持・管理の為に[何を]「どのような点に」留意するべきか、いわばマンション管理の重要事項に関する標準指針を示したものです。
  
一般分譲の居住専用・単棟型のマンションで法人格を有しないものが対象です。
大項目、小項目に分かれ、標準的な対応、望ましい対応が書かれ、それぞれ対応規約、法律等が示され、コメントでは全国的な調査データ等も載っています。規約変更を考える時等読んで頂けると参考になります。